VIOは医療脱毛だと激痛?

MENU

VIOは医療脱毛だと激痛で我慢できない?

水着などを着用する際にお手入れが必要となるVIO脱毛ですが、最近ではエステサロンや医療脱毛の全身脱毛コースに施術部位として含まれることが増えてきているため若い女性を中心にVIOのお手入れを受ける方が増えてきています。

 

ただ体の部位の中でもVIOラインは皮膚が薄いデリケートゾーンなので、照射威力が高い医療レーザーを用いた医療脱毛は施術時に痛い思いをするのではと不安に感じる方も少なくありません。

 

まず医療レーザーを利用した施術は、脱毛サロンで使用されるフラッシュ脱毛に比べて深い部分までレーザーが届くため、毛乳頭に直接ダメージを与えて破壊するほど高い威力があります。

 

そのため施術時にゴムで弾かれる程度の痛みを伴いますが、施術を受ける方の多くは問題なくケアを受けることが出来る程度の痛みとなっています。

 

ただ肌のコンディションが悪い時や体のホルモンバランスが崩れている時など、通常時よりも肌が刺激に弱くなっている時期に無理にVIOのお手入れを行うと医療レーザーを照射した時に強い痛みを感じてしまう方もいるため、痛みを我慢してケアを受ける必要が出てきます。

 

そこで痛みを軽減する方法としてクリニックでは麻酔処置を受けることが可能です。

 

麻酔処置には主に笑気麻酔、麻酔クリーム、麻酔テープの3種類を利用して施術の痛みを緩和することや麻酔処置を行うことで気持ちをリラックスさせて不安感をなくすことによって痛みも感じにくくなる効果も得られます。

 

こちらでその理由を掲載中!
こちらVIO脱毛は医療レーザー脱毛がおすすめ!その理由は

 

女性の医療脱毛では手術の際に使用する麻酔に比べて作用が低くなっていることから、直接的な痛みの軽減というよりも精神的に落ち着けることを目的としていることを理解することが重要になります。

 

また最近では医療レーザー機器にレーザー照射部位と肌を冷やす急速冷却機能がセットになっているタイプを導入するクリニックも増えているため、照射時の熱さや痛みを皮膚を冷やすことによって軽減させるメリットがあります。