医療レーザー脱毛!今後の妊娠出産への影響は?

MENU

医療レーザー脱毛!今後の妊娠出産への影響は?

レーザー脱毛出産

 

医療レーザー脱毛は、エステサロンなどで行う脱毛法に比べて安全であると言われています。また、トラブルがあった時のサポートも、優秀な医師が行ってくれます。大阪でおすすめ!全身医療脱毛するならココ

 

その分、料金が高額になりますが、「医療レーザー脱毛であれば安全」というイメージが定着しています。しかし、いくら安全と言えども、リスクがゼロというわけではありません。そのため、医療レーザー脱毛の施術を受ける前に、きちんと知っておきたい知識があります。

 

その中でも特に、今後の妊娠や出産への影響については、しっかりと知識を持っておく必要があるでしょう。

 

まず、妊娠中は、医療レーザー脱毛の施術を受けることは避けたほうが良いとされています。そのため、どこの病院でも、妊娠中の場合は施術をお断りしているようです。

 

安全だと言われている医療レーザー脱毛であっても、施術中は多少の痛みを伴います。

 

この痛みによって、子宮が過剰に収縮してしまう場合があるのです。その結果、陣痛が起きてしまうという危険性があり、母子共にリスクが大きくなります。

 

更に、医療レーザー脱毛を行った後には、必ず化膿止めの薬を処方されます。この薬が胎児に悪い影響を与えてしまう可能性も否定できません。

 

妊娠中は、よほどの場合でなない限り、薬を飲むことは避けるべきだと言われていますね。なので、このことから考えても、妊娠中の医療レーザー脱毛は、避けた方が良いと言えます。

 

また、妊娠中の体は、ホルモンバランスが大きく変わってしまいます。そのため、リスクを冒したり、痛い思いをしたりして脱毛しても、効果が出にくくなってしまうとも言われています。

 

人によっては、脱毛どころか、体の毛が濃くなる体質になってしまうというケースもあるそうです。(これは妊婦さん全員に起きる例ではありませんが、このような状態になるという可能性が高いということは知っておいてください。)

 

さて、妊娠中に医療レーザー脱毛を行うリスクに関してお話しましたが、「妊娠初期の段階で、妊娠していることに気づかずに脱毛をしてしまった」という場合もありますよね。

 

その場合は、その1回だけでやめておけば、悪い影響を受けることはありません。なので、ついうっかりして行ってしまっても、安心してくださいね。ただし、その後はしばらく脱毛を控えてください。

 

産後脱毛する適切な時期は

では、出産後であれば、すぐに脱毛をしても良いのでしょうか?

 

残念ながら、すぐに施術を受けるのはやめておくことをオススメします。医療レーザー脱毛は、施術中の痛みや薬などが、母乳に悪影響を及ぼす可能性が高いと言われています。そのため、授乳中の脱毛は完全にNGであると考えてください。

 

赤ちゃんへの授乳が終わり、その後2回生理が来たら、ホルモンバランスが戻ると言われています。なので、「医療レーザー脱毛は、その後からであれば再開しても大丈夫」と考えてください。

 

ただし、人によって体の状態は違うので、「授乳を終えて、2回目の生理が来た」ということを必ず伝えて、医師の判断に委ねてくださいね。