ニードル脱毛の真実!やっぱり痛いの?

MENU

巷で人気のニードル脱毛について

ニードル脱毛の仕組みですが毛穴に針を差し込んで電気を流すことによって、毛母細胞を腐食させる脱毛方法になります。

 

針を毛の流れに沿って挿入する必要があるので、毛を5ミリから1センチくらい伸ばした状態で施術を行う必要があります。

 

毛が生えている状態でないとターゲットを定めることができずに針を刺せないからです。針を毛穴に刺したら電流を流し、10秒から20秒そのままの状態をキープします。毛根に電気の熱でダメージを与えます。

 

針を抜き次の毛穴にまた針を刺して電気を流すという繰り返しで、すべての毛穴に行います。針は使い捨てとなります。

 

ニードル脱毛はかなりの痛みを伴ないます。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などに比べても一番痛い脱毛方法という人が多いです。中には痛みに我慢できずに通うことができない人がいるくらいです。

 

エステティシャンの技術の有無によっても痛みが違うことがあります。下手くそなエステティシャンの場合は内出血を起こしたり肌が炎症を起こしてしまったり、赤みがなかなかひかなかったりかさぶたができてしまうなどというトラブルの可能性もあるので注意が必要です。

 

料金は施術時間や毛の量に応じて左右します。毛の量が多い人は少ない人よりも高い金額になってしまうということになります。両方のワキで単価数回200,000円から400,000円程度かかります。

 

エステサロンでニードル脱毛の施術ができるのは資格をもったエステシシャンのみになります。医療クリニックでもニードル脱毛をおこなっているところもあります。

 

メリットとしては部分的な脱毛・フラッシュを当てられない部分の脱毛・バストトップギリギリの脱毛・色素沈着している部分の脱毛・埋没毛・ほくろから生えている毛などに対して有効です。色素が濃い部分にはフラッシュやレーザー脱毛を行うことが出来ないからです。

 

大阪で永久脱毛したいから、ニードルを検討している方、ニードル脱毛は永久脱毛になるので施術が済むと二度と生えてきません。しかし、痛みに弱い人はこちらの大阪 医療脱毛がおすすめです。

 

医療レーザー脱毛も、永久脱毛と言っても良いと思います。時短、費用を抑えたい人にもおすすめな方法です。