埋没毛の原因と対策を考えてみた

MENU

埋没毛の原因と対策について

埋没毛は皮膚の下で毛が成長してしまっている状態です。見た目は黒いポツポツのようにもみえるので、ニキビや毛穴の詰まりと勘違いすることも少なくありません。

 

この埋没毛ができる原因ですが、これは皮膚に対しての強い刺激が挙げられます。

 

通常、毛は毛穴から皮膚の表に成長していくものですが、埋没毛が出てきている裏側には毛穴が塞がってしまっていると言う背景があります。

 

ではどうして毛穴が塞がってしまっているのかと言うと、これはその毛穴を含めた皮膚が強いダメージを受けてしまったからです。埋没毛の場合、特に誤ったムダ毛の処理がそのダメージを引き起こしていることが多くあります。

 

カミソリで剃った場合にムダ毛だけでなく皮膚も一緒に剃ってしまっているとか、毛抜きで力任せにムダ毛を抜くことで毛穴や皮膚に負担がかかると言うことが考えられます。

 

このような原因を踏まえた上で対策をとるとすれば、まずは誤ったムダ毛の自己処理を止めることが第一です。カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理自体が悪いと言うことではなく、それらを正しい利用方法で使用しないのが良くないことです。

 

たとえばカミソリの場合はムダ毛の流れに沿って剃る、力を込めずに肌を滑らせるように剃ると言ったことが重要です。

 

毛抜きの場合は極力、力任せですべてのムダ毛を抜くと言うのは避けるのが基本です。

 

なお埋没毛を毛抜きで抜くと言うのも絶対にやってはいけないことです。その上で自分でムダ毛処理をした後には肌の状態を労わることも対策です。

 

刺激の少ない化粧水で保湿をする、しばらくは刺激が発生しないように心がけると言ったことが挙げられます。

 

またできてしまった埋没毛に対しても、それ以上の刺激を加えないと言うことも対策です。その箇所のムダ毛を自己処理すると言うのは避けるべきですし、強く擦ったりするのも良くありません。

 

これは肌のターンオーバーで自然に解消されていくこともあります。ただし一方で皮膚への強い刺激が原因であるため、炎症や色素沈着になってしまう恐れもあるため、気になる方は皮膚科などにかかるのが望ましいです。

 

埋没毛対策として一番公的なのは、ムダ毛のセルフ処理をやめて脱毛してもらうことでしょう。自己処理の回数が減れば改善するので、埋没毛で悩まされている方は、一度検討されてみるのも良いと思います。

 

こちらのクリニックを参考にしてみてください。大阪で全身医療脱毛