医療脱毛で顔脱毛は危険?

MENU

医療脱毛で顔脱毛は危険なのか検証

顔脱毛したいけど、肌荒れややけどが怖いと、安全性やトラブルが心配だと思う人は多いでしょう。確かに一昔前は海外で開発された白人向けの脱毛マシンを使用したり、施術者の知識不足により安全性は低かったのも事実です。

 

しかし現在では日本人の肌質・肌色に合わせて開発された脱毛マシンが導入され、施術者の知識や技術も向上している為、顔脱毛を安心・安全に受けることができます。効果的な産毛脱毛方法は?

 

フラッシュ脱毛でも医療脱毛でも、個人の肌色・毛質に合わせてマシンの出力を調節して行うので、肌が荒れてしまうことはありません。初めての施術では一番弱い出力で様子を見てから調節していくので、肌への負担も軽いもので済みます。

 

医療脱毛やフラッシュ脱毛による肌荒れが起きないとは言っても、施術後の肌は普段よりも乾燥している状態ですから、そのままでは肌トラブルの危険性が高くなってしまいます。脱毛期間中や施術の直後には、保湿ケアを念入りに行うことが重要となります。

 

パックの回数を増やしたり白色ワセリンを薄く塗って潤いを維持したり、普段よりも少し念入りにケアすることで、肌トラブルの危険性が低下して美肌にも繋がります。

 

また、「毛が生えなくなるほど強力ならやけどするのではないか?」と気になっている人もいるでしょう。そもそも脱毛によるやけどは、フラッシュや医療レーザーが毛根のメラニンに反応して熱が生まれることが原因で、この熱が高いとやけどになってしまうというわけです。

 

医療レーザーは出力が高く、1回で出せる出力が高いのが特徴です。

 

少ない回数で毛根を破壊していくので肌に与える熱が高くなるので、やけどをする可能性があるということです。しかし、実際にやけどをすることはほとんど無く、肌に赤みが出ても1〜2日で引いてきます。

 

実際に経験を積むことでしか技術は身に付かないので、小規模なクリニックやオープンしたばかりの所では患者も少ないので、完璧な技術が身についているとは考えにくいです。そのため、安全に顔脱毛をするのであれば、大手・有名どころの方が安心して顔脱毛を受けられると言えます。

 

大阪でおすすめな顔脱毛はこちら→大阪でおすすめな医療脱毛