脱毛器で脱毛効果の違いは出るの?脱毛器を比較!

MENU

脱毛器で脱毛効果の違いは出るのか、脱毛器を比較しました!

医療用脱毛器には、大きく分けて3種類あります。そしてそれぞれに、メリットやデメリットをはじめ、色々な特徴があります。

 

そこで、色々な脱毛器の特徴について解説していきます。

 

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、「レーザー照射と皮膚の冷却を同時に行う」という特徴を持った脱毛器です。そのため、レーザー照射の前に、冷却用のジェルを湿布する必要がありません。又、施術中の火傷や炎症のリスクもかなり低いようです。

 

また、毛や肌のメラニン色素に強く反応します。そのため、太い毛や濃い毛の脱毛に最適です。ただし、色素が薄い毛には反応が薄いというデメリットもあるので、産毛の脱毛には向いていません。

 

更に、施術中に痛みを伴うこともあります。

 

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、1回あたりの照射範囲が広いため、短い時間での施術が可能な脱毛器です。なので、忙しくて時間がない人には最適です。

 

また、幅広いタイプの肌質・毛質に対応することができることも、特徴のひとつです。産毛までキレイに脱毛することができます。更に、痛みも少ないので、肌が弱い人でも安心して施術を受けることができます。

 

ただし、他の脱毛器に比べて、効果が出るのが遅いというデメリットがあります。そのため、「すぐに効果を実感したい」という人には、不向きかもしれません。

 

YAGレーザー

YAGレーザーは、肌のかなり奥の方まで光と熱を行き渡らせることができます。そのため、かなり強く、どんなに太い毛や濃い毛でも、しっかり脱毛することが可能です。

 

また、YAGレーザーなら、日焼けした肌も人でも脱毛することができます。「日焼けしている」ということが理由で施術を受けられなかった人は、YAGレーザーを使っているクリニックに行くことをオススメします。

 

ただ、出力レベルが高いため、痛みがかなり強く出ることがデメリットです。この痛みに耐えられない場合は、麻酔をしてもらう必要があります。

 

また、火傷や炎症のリスクが最も高いレーザーでもあります。なので、施術後のケアは万全にしなくてはなりません。

 

脱毛器のまとめ

以上が医療クリニックで使用されているレーザー脱毛器になりますが、ココ数年脱毛器の開発も進んでおり最新の機種がたくさん出ています。

 

上に挙げた、特徴は持つモノのさらに改良されてきているので、例えば、今医療クリニックで主流になりつつある「ダイオードレーザー」を例にとると、デメリットである効果を感じるのが遅いというのは、改善されてきています。

 

アレキサンドライトと遜色ない効果を得ることができるとも言われています。

 

以前であれば自分の肌色や毛質と照らし合わせながら、クリニックで使用する脱毛器に併せてクリニック選びをしていた人もいらっしゃると思います。

 

ですが、今は不要です。

 

ほとんどのクリニックでは何種類かのレーザー脱毛器を完備しています。

 

あとは、カウンセリング時に医師と相談しながら脱毛器を決めていくことになります。肌色や毛質と言った体質に左右されません。

 

大手医療クリニックで使われている脱毛器については以下のページで掲載しています。
こちら大阪でおすすめ!全身医療脱毛するならココ